矯正歯科に関するみんなのクチコミ記事

お盆の時は、ほとんどの病院はしまっているし、暑さも続き、体力が消耗していますので、子供も大人も、急にアゴがはれたり、顔がはれる患者さんが多く、あいている病院に集中し、待たされるからです。
切開してウミを出しますが、飛び入りが多くて忙しいのです。


今、日本国中で一番きれいな最先端の病院は東京のS病院ですが、中規模から大規模程度の病院なら、地方には、東京、大阪以上に建物、設備のきれいな病院はたくさんあります。

新築や建て替えや、その地方の予算を使ったり、事業を興さねばならないので本当に東京の病院よりは地方の大病院の方がきれいです。建物もアッと驚くようなものも多いのです。

ですからお盆のときなどの休暇にご主人の里に一緒について帰ったご家族は、ご主人から、おらが故郷で、見学がてら病院に連れて行ってもらい、軽症でもわざわざ受診したりすることもあります。お盆のときは込んでいますから、そこの最新の診断機器や長たらしい検査法が、大都会の3分診療と異なって、ひどく待たされるような感触に感じたりします。「まだですか、あとどれくらいかかりますか、買い物に行かなければならないので」最初の、何かできものができたような、アイタタタという物の言い方をケロッと忘れて、地方の病院に迷惑をかけることもあります。お盆の時の診療は15年ぐらい毎年ずっと休まずに診ていましたが、飛び入りで忙しいので、よほどの急病以外は普段の日に病院を受診した方が利口です。
ヒトラーの頭部のエックス線写真が50年ぶりに、それもイギリスのロンドン南西部の公文書館から整理中に発見されたことを、1995年7月21日の外電が報じました。

このエックス線写真を、偶然、テレビの画面で見ていた私は、何と、かなりの歯が金属を使って治療されているのを瞬間的に読み取りました。


左上の奥歯は無かったように見えました。抜かれたのか抜けたのか興味あるところです。

わずか数秒の間に瞬間的に判断しただけですが、もしこのエックス線写真が本物なら、N新聞の記事によりますと、診断記録も残っているらしいので、続報を聞いてみたい気がします。
問題はヒトラーのような人物でも、簡単に歯を抜かれるということの恐ろしさです。

矯正歯科に有効な知識の紹介です。

日本がお手本としたドイツ医学ですから、歯の医療知識もヒトラーの時代にはかなり進んでいたはずですが。

20代の女性が入れ歯?時々、20代前半の女性が、奥歯に取り外し式の入れ歯を入れていることがあります。
また、抜かれっぱなしで、奥歯が無いことがあります。

特に、20代前半で入れ歯を入れるからには、10代後半で、奥歯を何本も抜いたということです。奥歯は親不知まで入れると、一カ所に3本、6番7番8番と続けてあります。