• 個人でフローリング補修を行うには

    フローリングは木製のため一度傷が付くと残ってしまいます。
    また畳のように簡単に取り外しもできない為修理するとなると大がかりになったり金銭的負担も大きくなります。
    そのため小さい傷であれば個人で補修するほうがメリットも大きく十分可能です。その方法として傷の状態によって異なりますが一般的には似た色の塗料を用いて隠す方法が用いられます。

    例として引っかき傷のように線上にできた傷は白くなるケースが多いです。

    ユニットバスのリフォームを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

    それに対しその部分のフローリングと同系色の塗料を薄く塗って隠します。

    ただ塗ったままでは隆起したり色のバランスや濃淡に差ができてしまいます。

    満足度の高い産経ニュース情報を見つけましょう。

    そのため専用のへらでこすって周囲の色となじませていくことで補修することができます。次にフローリングの一部が欠損して穴がいたような状態の場合塗料をその穴に少しずつ流し込んでいきます。多すぎるとふくらみができるかもしれない為徐々に馴染ませつつ行います。
    穴が埋まる程度流し込んで固まると再びへらでなじませていきます。



    それにより見た目上は穴はふさがり周囲の色とも同調してくれるため補修が可能です。どちらも修理とは違いあくまで目立たなくしている為完全ではありません。


    しかし傷が小さいければ塗る面積も少なくなることと同系色の塗料を用いることで集中して見ないと気づかない程度にまで補修することは十分に可能です。


    しかしあまりに傷が大きいと補修の面積も目立ちも大きくなるため小さなフローリングの傷程度であれば十分に個人で可能といえます。


  • 知りたい情報

    • リビングや寝室をフローリングにしていると言った方も多いとは思います。掃除機で毎日掃除をしたり、モップなどで隅々まで磨いたりとフローリングの手入れは簡単なように思われている方も少なくはありません。...

  • 対策方法

    • フローリングは傷つきやすいです。物をちょっと落としたりするだけでも凹んだり、机を引きずって運んだりしても、すぐに傷がついてしまいます。...

  • 生活について思うこと

    • 最近はフローリングの家が非常に増えています。家の中のレイアウトが多彩になった現代では家の間取りや家具のレイアウトに拘る人も多く、畳やカーペットなどの状態では配置が限られ自由なレイアウトができないこと、また床暖房など最新の設備が普及したことから床が自由なデザインができるようになったことから、見た目に美しいフローリングにする家が増えているのです。...

  • 住宅の秘密

    • 入浴は毎日の楽しみでもありますが、気をつけないといけないことがあります。それは温度差です。...